協議会概要

設立趣旨

近年のIoT、ビッグデータ、人工知能(AI)等に関する技術の発展により、多様な産業界において、これまで考えも及ばなかった手法でイノベーションが起こり、プロダクトを開発し、また現場においては多くのデータを収集・分析する高度な基盤が整いつつあります。

これらの手法を通じて、さまざまなデータを比較し、高度に分析することで、意思決定や業務プロセスを改善し、生産性を向上させることが期待されます。また、IoT等の高度な手法により、これまでにないプロダクトを産み出す実証や実験が行うことができるようになります。

このような世界的な産業構造の変革にあたって、米国のIIC(Industrial Internet Consortium)やドイツにおけるIndustrial 4.0 の動きにみられるようにIoT時代に対応した新たな生産プロセスの開発やサプライチェーン全体の最適化を目指して、官民挙げた取組みが各国で本格化しています。

こうした中、加賀市において、産業構造の変化などに対応していくために、これまでの産業の活動にIoT、ビッグデータ、人工知能(AI)等の技術を駆使し、高度な基盤を利用した産業活動を創出・活性化するべく、「スマート加賀IoT推進協議会」を設立します。

今後、加賀市ビジネスモデルの創出や、IoT等の導入、実証事業を推進するための人材育成の環境整備等を通じて、社会。経済活動の生産性の向上を目指し、活動していきます。